【地元一日漁/無添加】島根大田産のどぐろ一夜干し(小)1枚【冷凍】

【地元一日漁/無添加】島根大田産のどぐろ一夜干し(小)1枚【冷凍】

販売価格: 1,280円(税別)

重み: 400

在庫なし

 OPP袋に1枚入のお届けとなります。

 保存料、酸化防止剤は使用していません。

 

 島根県大田市の漁船の、一日漁で取ってきた新鮮なのどぐろ(アカムツ)を開きにしました。

 島根ののどぐろは、高級魚としても全国区です。

 残念なことにたくさんは獲れませんので、【いずもや】でも常時販売ができない魚です。

 ただ、「和江で水揚げがあった時にしか加工しない」ので、浜値が高いときには買い付けしませんし、時価での販売になります。

 

 新鮮なのどぐろを手早く開き、オゾン水できれいに洗い、網の上で干します。

 天気の良い日なら天日で、雨の日なら冷風乾燥室で乾燥させます。

 大部分の干物屋さんは温風だったり、灯油を焚いて、短い時間で干物にしてしまうところですが、そういった魚はやはり天日干しとは味が変わります。

 タンパク質がアミノ酸に変わる、美味しくなるための時間と温度、太陽の恵が必要不可欠です。

 【いずもや】の冷風乾燥室は一面をガラス張りにしてあるので、雨の日でも多少の紫外線を取り入れることができます。(雨の日は干さなければいいのじゃ?と思われるかもしれませんが、冬限定の製造期間なので、シケの多い日本海で晴天だけに、というのは残念ながら無理なのです)

  のどぐろの名前の由来は、その名のとおり、喉の部分が真っ黒だからです。

 これは日本海側での通り名で、アカムツというのが正式な名前で、赤い色をしたムツの意味です。

 「むつ」とは「脂っこい」ことを「むつっこい」、「むつこい」、「むっちり」、「むつごい」というから来ている。すなわち脂がしっかり乗っている赤魚という意味合いだそうです。

 開きの他、煮魚やお吸い物にしても美味しいノドグロですが、なにせ高級魚!お値段がいいです。

 しかし、小さいものならリーズナブルに地元でも鮮魚で販売しています(【いずもや】もたまに売店で売ってます)

 一日漁とは・・・

大田市の漁業は独特で、早朝に出漁、夕方に帰港、その日のうちに各港から3つの市場(和江《わえ》、久手《くて》、仁万《にま》)に魚が集められ、仲買人が買いやすいように時間をずらしながら市を開催し、夜のうちに関西圏を中心に出荷されます。

こう言った一日で漁船が港に帰ってくる、という港はほとんどありません。

大田市の魚の鮮度はピカイチです。

 

 

 【いずもや】は大手の干物屋さんではないので、一夜干しの卸はしていません。

 ほぼ、直売のみとなっております。

商品詳細

原材料 のどぐろ(大田産)、食塩
内容量 1枚(18cm前後、120g前後)
賞味期限 製造日より3ヶ月(家庭用冷凍庫ではお早めにお召し上がりください)
保存方法 要冷凍
無添加
製造者 いずもや
発送温度帯 冷凍発送/冷蔵発送は解凍になることをご承知の場合のみ
【地元一日漁/無添加】島根大田産のどぐろ一夜干し(小)1枚【冷凍】

販売価格: 1,280円(税別)

重み: 400

在庫なし